「メンタルコーチング」 一覧

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷のリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと傷んでいるかなという ...

メンタルコーチング

2019/9/11

進化するスポーツメンタルトレーニング方法 -最強の5ステップ-

スポーツメンタルトレーニング・・・正しく実践すれば、 あなたのチカラを100%発揮して、あなたのチカラを何倍にも成長させる そんなチカラの源泉になってくれます。 そのスポーツメンタルトレーニングの脳科学に基づいた最強の5ステップを今回お届けします。 最強の意味は・・・最後までお読みいただくとわかりますが、シンプルに言うと「否定しようがない科学的な方法」であるということです。世の中にはいろいろなメンタルトレーニング法が開発され、いろいろなメンタルトレーナーがいらっしゃいますが、一言で言うとメンタルトレーニン ...

劣等感の塊 落ち込む

メンタルコーチング セルフコーチング

2019/6/8

理想と現実のギャップが苦しい人への処方せん【コーチング医師が解説】

理想と現実のギャップに悩み、苦しむ人はあとを絶ちません。 それも向上心たっぷりに、目標をしっかりと立てて、それに向かって努力する ということを大切にしている人が陥りやすい状態と言えます。   僕自身、医師として治療するときもそうですし、 コーチとしてゴール達成に向けたマインドの使い方を指導するときもそうですが、 そういった向上心たっぷりな人こそ、サポートしたい、応援したいど真ん中の人です。   だからこそ、今回のテーマは外せないものという認識の元、 記事を書いています。 今まさに、理想 ...

ジャンプ

メンタルコーチング セルフイメージ

2019/5/18

自分から湧き出る「変わりたい」を実現する方法【コーチ直伝】

「変わりたい!」・・・ 「自分を変えたい!」・・・ そう思う瞬間って、かなりエネルギーを感じると思います。 それは悔しさなのか、向上心なのか、 絶望から立ち上がろうとしているのか、 いろいろなケースがありますが、 それにもかかわらず、変われない・・・ そう思っている人は多いのではないでしょうか。 そんな中で「結局、人は変われないんだよ」 と、さも、自分は現実を知っているかのように話す人が 出てきてしまうわけですね。 先に結論ですが、 自分から「変わりたい」と思ったら、 方法さえ正しくやれば「変われないわけ ...

体育座り 落ち込む ネガティブ

メンタルコーチング セルフイメージ

2019/5/16

メンタル弱い人の特徴から導き出される強化法【医師直伝】

メンタル弱い…という悩みを持つ人は意外に多いものです。 僕自身も学生時代はそう思っていました。 ここでご紹介するメンタル弱い人の特徴がすべて当てはまるような 典型的な人間だったわけですが、 セルフコーチングを実践するに従って。 控えめに自己評価しても、 もしくは、周りの人の評価からしても、 「メンタル強い」という状態になりました。 実際、「歌島先生はメンタル強いですよね」 って言われます。   「ん?繊細じゃないってことか?」 と、文脈的に感じる場面もありますが(笑)、 褒め言葉として受け取って ...

劣等感の塊 落ち込む

セルフイメージ

2019/5/16

劣等感の塊を克服して自信満々のセルフイメージを構築した方法

劣等感の塊だと自分に対するセルフイメージを抱く人は少なくありません。僕自信がそうだったので、よくわかります。 脳科学、認知科学をベースにした コーチングを実践・指導している経験と、 自らが劣等感の塊というセルフイメージを 脱却した経験から、 もし、今、劣等感の塊をあなたや身近な人が感じているとしたら、 そこからの脱却をお手伝いできるのではないか? と考えています。   大きな結論からすると 劣等感というのは劣等「感」ですから、 自らの「脳内」での情報処理の問題です。 ということは、言うは易しと感 ...

ゴール 目標設定

メンタルコーチング セルフコーチング

2019/5/6

目標がない人が高い目標を持つ方法【コーチ直伝】

目標がないという悩みを持つ人は少なくありません。 そんな人も悩んでいる以上は、目標を持った生き方をしてみたい と思っているはずですし、 逆に目標なんてない、いらないと言いながら、 日々輝いている人の多くは、実際は言語化していないにしろ、 目標を持っていたりします。 目標を持つことにおける悩みは 目標をなんとなく立てている人にもあります。 目標を立ててはみたけど、結局、日々停滞している気がして、 うまくいかないから、目標にも近づいている気がしない だから、結局意味ないのでは? という想いがある人もいれば、 ...

メンタルコーチング セルフコーチング

2019/5/6

「やりたくないことはやらない」を誰でも実践できる方法

コーチングではwant to=やりたいこと、 have to = やらなくてはいけないこと、 という区別をして、 have toを一切やってはいけない という基本原則があります。 これは言い換えれば、「やりたくないことはやらない」 ということになります。 でも、実際のところ、 そんなのよっぽど図太い人が、 よっぽど運良くうまくいくパターンか、 よっぽど実力や才能がある人じゃないと、 無理なんじゃない? って思いますよね。   僕も最初はそう思っていました。 この記事では、 そんな僕でも「やりたく ...

脳内イメージ 認知機能 イメージトレーニング

メンタルコーチング セルフコーチング

2019/8/21

自己充足的予言の意味【コーチングに効く例文つき】

自己充足的予言を活用して毎日、運がいい人になる! 自己充足的予言(self-fulfilling prophecy)というのは 今はコーチングの中でよく使われる用語になっています。 この定義やメカニズムを理解し、日々実感すると、 脳科学的にどうやって人はゴールを達成していくのか ということが体感レベルで腑に落ちていきます。 そういう意味で必須のスキルであり、 毎日習慣化したい行動が自己充足的予言です。   しかし、使い方をよくよく意識しないと、 負の側面を引き出すこともあります。 予言ですから、 ...

スコトーマ 網膜 盲点

メンタルコーチング セルフコーチング

2019/5/3

スコトーマを外す極意【コーチ直伝】

「スコトーマを外す」というような使われ方をする スコトーマという言葉があります。 いわゆるコーチング用語なんですが、直訳すると「盲点」となります。 それも目の網膜にある機能解剖学的な見えない点である盲点のことを スコトーマと言います。 しかし、もちろん、その目の機能解剖の話をしているのではなく、 コーチングの中で目標、ゴール達成をしていくために必要な 概念、考え方としてスコトーマという言葉が重要になってきます。 このスコトーマを外すことができれば、 ゴール達成や目標達成の方法や大切なことが どんどん「見え ...

セルフトーク

メンタルコーチング セルフコーチング

2019/5/3

セルフトークマネジメント:例示と上達法【コーチ直伝】

セルフトークをマネジメントする これをセルフトークマネジメントと言って、 脳科学的にもなにか目標を達成しようとするときにとても大切な方法論ですし、 日々のマインド(脳と心)の調節にもとても大切な要素です。 実はこのセルフトークをほとんどの人が 垂れ流しにしてしまい、 本当は「なりたくない自分」に日に日に近づいてしまっている、強化してしまっている という現実があります。 だからこそ、「人は変われない」なんて言う人が出てくるわけです。   しかし、セルフトークマネジメントを行うことで、 あなたの「脳 ...

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.