「こどもの傷害」 一覧

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

足首捻挫 こどもの傷害

2018/11/20

足首捻挫:子どもは要注意 骨折していることも

子どもはよく走り、よく転びます。 捻挫なんてしょっちゅうですよね。 だからこそ、足首の捻挫を甘く見がちなんですが、 特に子どもの捻挫は要注意だと思ってください。   その理由は 多くの人が想定している以上に骨折している可能性が高いこと 捻挫がクセになりやすいこと 結果として将来的に困った症状を残しかねないこと この3点が挙げられます。   子どもの足首捻挫は注意が必要な理由 まずはそれぞれの理由について詳しく見ていきましょう。 1.子どもの捻挫は骨折している可能性が高い 子どもの捻挫は ...

骨端線

2018/11/14

骨端線が復活する?止まった成長は再開できる? by専門医

本日は骨端線と成長に関連するお話として、 「閉じた、閉じかかった骨端線は復活するのか?」 「止まった成長を再開させることはできるのか?」 という点について、 まず医学的な基本知識をまとめながら、 できるだけわかりやすくお伝えいたします。 こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日は記事をごらんいただきありがとうございます。 それではいきましょう! 骨端線の基本まとめ 骨端線=成長軟骨板 骨端線は、別の言葉で 「成長軟骨板(せいちょうなんこつばん)」といいます。 成長軟骨板はその名の通り、 成長する軟 ...

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.