半月板損傷

半月板損傷の症状チェックリスト あなたはいくつ当てはまる?

更新日:

今回は半月板損傷の症状チェックリストという記事をご紹介いたします。

あなたの膝の痛み・・・原因が気になりますよね。 骨折や変形性膝関節症のようにレントゲンですぐわかるものならまだしも、半月板損傷はMRIという精密検査が必要です。

そのため、まず最初にレントゲンを撮って、「骨には異常なさそうですね」ということで終わってしまいかねませんが、 そんなときに、このチェックリストで確認してみてはいかがでしょうか。

6つのリストのうち3つ以上当てはまるようでしたら あなたの膝の痛みはもしかしたら半月板損傷かもしれません。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

半月板損傷の基本をおさらい

半月板損傷の基本をまずおさらいです。

膝の仕組みを基本から

まず膝という関節の仕組みをおさらいしていきましょう。

大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)

膝という関節は太もも側の大腿骨スネの骨である脛骨からなります。

スネの骨には外側に細い腓骨がありますが、この腓骨は膝の関節面は形成していません。

内と外の2つの関節面

この膝関節ですが、上の大腿骨と下の脛骨が向かい合っている関節です。それも側と側でそれぞれ向かい合っているという形状をしています。

大腿骨は内顆外顆と呼ばれる丸みを帯びた軟骨面があり、また、脛骨は脛骨高原(けいこつこうげん)と呼ばれる、比較的平坦な関節面を内側、外側に大腿骨の内顆と外顆を乗せるように持っています。

内と外のクッションである半月板

この内と外のそれぞれの関節面で体重を支えるわけですが、軟骨と軟骨が向かい合って、体重をダイレクトに支え合えば、どんどん軟骨はぶつかり合ってすり減っていってしまいます。

そのためクッションが必要なわけですね。

これは背骨の椎間板(ついかんばん)のような役割といってもいいと思いますが、これが膝においては半月板(はんげつばん)であるいうことですね。

これが内と外の関節面にそれぞれありますので、内側半月板(ないそくはんげつばん)外側半月板(がいそくはんげつばん)の2種類があるということになります。

半月板損傷とは?

ではこの半月板が損傷してしまうというのはどういうことなのでしょうか?

様々な切れ方をする半月板

膝にかかる様々な負荷や衝撃を吸収してくれるクッションですから、一発の強い外傷もあれば、繰り返しのオーバーユースによる損傷もあり、いろいろな切れ方をしてしまいます。

various types of injuries to the meniscus of the knee

もともと半月板という名前ですが、どちらかというと三日月に近い形をしています。この半月板が縦に切れたり(縦断裂)、横に切れたり(横断裂)、スライス状に切れたり(水平断裂)、切れた一方がバケツの柄みたいになって、ときに不安定にはまり込んでしまったり(バケツ柄状断裂)、それらが複合的に混ざっていたり(複合断裂)します。

また、加齢性の変化や長年のオーバーユースでだんだんと脆くなって切れていってしまう変性断裂という状態もよくあります。

頻度が高い内側半月板

内側と外側でいうと、内側の方が頻度が高いです。

どうしても膝の軟骨のすり減りもそうですが、体重のかかり方は内側に負荷がかかりやすいんですね。

見逃せない円板状半月

しかし、外側も見逃せない状態があります。それが円板状半月板と呼ばれる状態で、生まれながらに外側半月板が三日月状でなく、むしろ満月に近い状態になっている人がいます。

画像引用元:整形外科専門医になるための診療スタンダード 下肢 初版 羊土社

これはクッション性が強くて、一見良さそうですが、逆に力の分散が上手くいかず、かなりの頻度で切れます。 

半月板損傷を疑う症状のチェックリスト

それでは早速、膝の半月板損傷を疑う症状のチェックリストへとまいりましょう。

膝に体重がかかったときに痛い

まず基本の症状ですが、膝に体重がかかったときに痛みが走るということです。

これは膝の角度によって痛かったり、痛くなかったりしていいです。

半月板損傷の位置によって、痛い角度と痛くない角度があって当然です。

膝の内側か外側どちらか一方が痛い

次に膝の痛みと言っても、内側か外側のどちらかが痛いと言うことです。

真ん中が痛かったり、時に内側が、時に外側が・・・ というのとは違って、必ずどちらかが痛いということですね。

[ad#ad-2]

膝の伸ばし具合が左右違う

次に膝の可動域制限というもの、つまり動かせる幅が狭くなるという症状の中でも、伸ばし具合を左右で比べるというのがチェックポイントです。

痛い方の膝の伸び具合が悪いというのが半月板損傷の特徴の1つです。

うつぶせで膝を投げ出して、伸び具合を左右で比べるというのがわかりやすいです。

画像引用元:整形外科臨床パサージュ 下肢のスポーツ外傷と障害 第一版 中山書店

膝の関節裂隙(かんせつれつげき)を押すと痛い

膝の圧痛部位、つまり押して痛い部位も特徴的です。これが膝の関節裂隙にあるということですね。

関節裂隙とは大腿骨と脛骨のちょうど間で、骨が触れず、わずかな凹みとして関節が触れる位置のことをいいます。

関節裂隙は内側、外側、さらにそれぞれ前から後ろまでありますので、丁寧に触れていくこと、押していくことが大切です。

片足立ちで足を固定したまま体幹を回すと痛い

半月板損傷は体重がかかるという物理的には軸圧(じくあつ)と、その軸を中心としたスピン、つまり回旋運動が原因となります。

そのため、片足立ちで足を完全に地面、床に固定したまま(つま先ととかかとが動かない)、体幹を回す、膝頭を回すことは痛くてできないかもしれません。

膝のクリックを感じることがある

膝のクリックというのは、膝の曲げ伸ばしや、歩いているときに、音や音が鳴ったような感覚や振動とともに引っかかりを感じる症状です。

これも特徴的な症状ですので、思い当たる節はないでしょうか?

まとめ

今回は半月板損傷を疑うべき症状として6つのチェックリストをご紹介いたしました。 このうち3つ以上当てはまるようでしたら、半月板損傷かもしれません。

  • 膝に体重がかかったときに痛い
  • 膝の内側か外側どちらか一方が痛い
  • 膝の伸ばし具合が左右違う
  • 膝の関節裂隙(かんせつれつげき)を押すと痛い
  • 片足立ちで足を固定したまま体幹を回すと痛い
  • 膝のクリックを感じることがある

病院で精密検査をしてみるといいかもしれません。

もちろん、ひとつの目安でしかなく、1つしか当てはまらなくても半月板損傷であることはあるでしょうし、全部当てはまっても違うこともあるとは思います。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-半月板損傷

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.