足首の骨折

足首骨折の全治までの治療期間は?歩ける?専門医解説

更新日:

足首骨折してしまったときに、
まず気になるのは、
どのくらい治るまでかかるのか?

つまり、治療期間、全治までの期間
ということですよね。

ただ、その治療期間にどんな治療を受けて、
どんなことに注意をしないといけないのか?

ということも同時に気になります。

よくスポーツ選手がケガをしたときに

診断名+全治●ヶ月

という報道がされますよね。

今回は足首を骨折してから、
どのくらいの期間の治療期間をみていく必要があるのか、
骨折が治るメカニズムを解説しながら、
お伝えしていきます。

 

特に今回は手術をしない、ギプスやシーネなどで治療する場合の
治療期間について解説いたします。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。
それではいきましょう。

 足首の骨折の治療期間は?全治? 経験的には

ですが、われわれ整形外科医は、
骨折の治療をたくさんしてきていますので、

なんとなくでも治療期間を把握しています。

足首の果部骨折の場合

例えば、
足首の果部骨折といって、
くるぶしの骨折の場合、

修復期を経て、仮骨がしっかりできるのが、
だいたい4-6週間くらいの人が多いので、

その期間まではギプスやシーネなどで
足首を動けないように固定します。

また、この間は基本は体重をかけて歩くのは
骨折のズレの原因になりやすいので、

松葉杖を使って免荷歩行を行います。

 

そこからは、リモデリング期と言っても、
すごくゆっくり進んでいきますので、

例えば、スポーツなど強い負担がかかるものに
復帰するのには、
だいたい骨折後3ヶ月くらいを目標に、

6週間くらいから足首の可動域訓練や
徐々に体重をかける練習をしていきます。

 

可動域訓練として、
特に重要なのは背屈と底屈のストレッチです。

これが下腿と歩くのにも、走るのにも
パフォーマンスが落ちますので重点的に行います。

足首 骨折

画像引用元:ビジュアル実践リハ-整形外科リハビリテーション 羊土社

 

ただ、競技レベルのアスリートの場合は、
復帰を早める意味でも、
手術で固定力を高めようとすることは多いです。

足首のピロン骨折の場合

もうひとつ足首の代表的な骨折である
ピロン骨折の場合は、

ほとんどが関節の中の骨折で、
くっつきにくいことと、
体重をダイレクトにかける部位であるため、

果部骨折より、
それぞれ+2週間くらいはゆっくりと
慎重に進めます。

ピロン骨折についてはこちらの記事もご参照ください。

 

 

これらのギプスを外す時期、
体重をかけ始める時期、
かける体重を増やすタイミング
は、レントゲンや症状、診察所見を
総合的に判断して進めていきます。

自己判断で進めて、
結果、骨がずれてしまって手術を要するケースもありますので、
しっかりと主治医と相談しながら、
指示を守って進めていただければと思います。

 

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-足首の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.