「 年別アーカイブ:2014年 」 一覧

スポーツ傷害

2019/8/18

手首の小指側の痛みの原因から治し方まで TFCC損傷の基本を知る

野球選手「いってーなぁ、痛い!」 監督「おい、どうした!?」 選手「手首が痛くって・・・」 監督「俺もテニスを最近やってて、痛いんだよなあ。小指側か!?」 選手「そうです、小指側です。バッティングをやっていたら」     テニスや野球をやっていると、 手首の痛みというのは結構、よくありますよね。 特に小指側の痛みとなると、 なんなんだろう?って思いますよね。 なんで、小指側だけ痛いんだろう?   こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。 SMCの記事をご覧頂きありがとうご ...

ベンチプレス低負荷

筋力トレーニング スポーツコーチング

2019/8/22

筋肥大を狙うなら回数は? 低負荷でも筋肥大が起こるという新事実

おお、筋トレやってるねぇ! 野球は筋肉量がモノを言うのさ! どんくらいの回数がいいの? お?知らないのか?常識だぜ。 だいたい10-12回くらいで限界になるのがいいんだ。     こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。 記事ご覧いただきありがとうございます。   筋力トレーニング、ウエイトトレーニング、 レジスタンストレーニング・・・ 様々な呼び名がありますが、 いわゆる筋トレ この筋トレの目的はなんでしょうか? 大きく分けて 2種類あるはずです。   1つは ...

CPR実施率

スポーツ傷害

2019/8/18

救急救命処置のABCが誰でも身につくツール

監督のチームでは安全対策やってますか? 安全対策と言いますと? たとえばですね、いきなりお子さんの心臓が止まってしまったときの救急救命処置についてのトレーニングとか 心臓が止まったとき?そんなことあり得ないでしょう?(笑) ・・・監督、あなたのチームに何人のお子さんがいますか? 30人ほどですが・・・ その30人の命を預かっていること、自覚してますか?   こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。 SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。     冒頭では、少年サ ...

スポーツ傷害

2019/8/18

腓骨筋腱脱臼の症状は?手術は必要? 専門医がわかりやすく

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。 記事をご覧いただきありがとうございます。   2014年 ブラジルW杯前に日本代表入りが噂されていた 宇佐美貴史選手が直前で負傷してしまったことで 多くの方に知られた 腓骨筋腱脱臼 ですが、 名前もこむずかしいし、どういうことかわかりにくいのですよね。   腓骨筋腱ってなに? 脱臼って関節が外れたこと?   という疑問が湧いてきて当然だと思います。 宇佐美選手が怪我をしてしまった頃に、 解説した動画を貼り付けておきます。 参考にし ...

野球少年@守備

野球の上達 スポーツコーチング

2018/11/14

アルトゥーベ選手の守備は?筋肉は? メジャー最小最強バッター解剖

アルトゥーベ選手は2014年シーズンにおいて、 イチロー選手以来の首位打者、最多安打、盗塁王の3冠を達成し、 リードオフマンとして求められる能力を兼ね備えたバッターとして、 一気に大スターとして日本でも人気が高まっています。   こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。 記事をご覧いただきありがとうございます。 アルトゥーベ選手と言えば、 167cmと言われる低身長でありながら、 広角に正確なミート力でヒットを量産する、そのバッティングと 盗塁王を獲得したその走力が注目されますが、 同時に守 ...

少年野球_打撃

野球の上達 スポーツコーチング

2019/8/14

バッティングのコツ:目線がリリースからインパクトまでブレないとは?

コラー!!ボールから目を離すなぁ!! すみません!! (んー・・・見てるつもりなんだけどなぁ) こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。 SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。 今回はバッティングでよく言われる 「ボールをよく見る」 ということについての一考察です。 ボールをよく見るということは意識の問題、集中力の問題などもありますが、 今日は目線についてのお話です。 バッティングにおいて目線がブレないとは? バッティングにおいて「目線をブラすな!」と言われた時に、 なにを想起するでしょうか ...

15秒 認知 ズレ

スポーツコーチング サッカーの上達

2018/11/14

視野の広げ方決定版!サッカー:「視野振りトレーニング」

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。 この視野の広げ方というのは、 多くのサッカー選手が悩むところです。   そもそも視野なんてのは、 人の視覚能力ですから、 目の障害がなければ、大差ありません。 にも関わらず、視野の広い人、 狭い人と称される人がいるのは、 何故でしょうか? それは、サッカーに必要な視野というものをしっかり定義すればわかることです。 サッカーに必要な視野とは、 フィールド上の自分の周り360度の範囲の中にいる 選手の位置、選手の動き、雰囲気などを捉えられる範囲 と言えま ...

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved.