足の指の骨折

足の指の骨折やひびで全治はどうなる?専門医解説

更新日:

足の指の骨折、ひび・・・
どのくらいで治るのか気になりますよね?

実際のところケースバイケースというのが
正直なところですが、
それでもある程度推測することができますので、

僕自身の経験論的な側面が含まれますが、
解説していきたいと思います。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それでは、さっそくいきましょう。

骨がくっつくまでの一般的な期間

一般的には骨が
しっかりとした強度にくっつくまでには
3ヶ月以上かかります。

それはリモデリングと言って、
骨が新陳代謝をして、強くなっていくために
必要な期間なわけですが、

それまでの間にも、
骨は仮骨と言って、
まだ弱いまでも骨折部をつなぐ骨ができてきます。

そして、徐々に強くなっていくわけです。

骨のくっつき具合の2段階

そこで、ある程度、
体重をかけたり、関節を動かしたりと
負荷をかけていい強度になるまでの期間が、
1つの区切りになります。

これは、足であれば、二段階あって、

関節を動かしてもいい段階

体重をかけてもいい段階です

そして、スネや太ももの骨に比べると、
足の指の骨は、
小さく、体重のかかり具合も少ないので、

負荷そのものは小さいです。

そのため、少し早めに動かしたり、
体重をかけたりできることが多いです。

一般的に、太ももやスネの骨などは

6週間くらいで関節を動かしはじめて、
8週間くらいで体重をかけはじめる

ということが平均的になるかなと思いますが、

足の指の場合は2−3週間早くて、

3-4週間で動かし初めて、
5-6週間で体重をかけ始める

そんなイメージですね。

足の指の全治は結局??

いままでの解説から、
骨が完全にくっつくという意味で言えば、
3ヶ月となってしまいますが、

スポーツのパフォーマンスに復帰する
といことを全治と言うならば、

もう少し早いですね。

5-6週で体重をかけ始めるという平均的な骨折であれば、
全治2ヶ月と言ってもいいと思いますし、

もっと軽症の足の指の骨折であれば、
さらに早めることができます。

結局、大切なのは

重症度と復帰するスポーツにおける、
骨折部への負荷を天秤にかけて評価する
ということですので、

一言では言えませんが、

それでもある程度の目安や
考え方の参考になれば幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-足の指の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.