「捻挫・打撲の基本」 一覧

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

捻挫・打撲の基本

2018/11/14

打撲のあとのしこりや痕の正体と対処法 専門医解説

今回は打撲のあとにできることがある「しこり」や「打撲痕(だぼくこん)」とよばれるものについて解説していきます。 打撲のあとでも、しこりや変色があったり、それが痛かったりすると、 「なんか悪い腫瘍でもできちゃったんじゃないか・・・」 と不安になることもあるかと思います。   結論から言うと、多くの場合はそんなに気にしなくても大丈夫! なんですけど、じゃあ、なんなの? っていうことについて解説したいと思います。 こんにちは、整形外科医でスポーツメディカルコーチの歌島です。本日も記事をご覧いただきあり ...

捻挫・打撲の基本

2018/11/14

捻挫でギプス固定を外すまでの期間と注意点を解説 by専門医

捻挫でギプス固定をしますと言われたらどうでしょうか? 本当に必要なのか?と思う人もいれば、当然だよなと思う人もいるかもしれません。 では、ギプス固定の期間はいかがでしょうか?外すタイミングですね。 骨折では骨がくっつくまで1ヶ月以上固定することが多いですが、捻挫はそこまで長く固定することは少ないです。   ということで、捻挫の時のギプス固定の必要性といつまで固定しないといけないのか?ということについて解説していきたいと思います。   こんにちは、整形外科医でスポーツメディカルコーチの歌 ...

捻挫・打撲の基本

2018/11/14

靭帯が伸びると完治するのか?オススメ治療法をスポーツ医解説

靭帯が伸びるともう元には戻らない!? これはある意味では正解で、ある意味では不正解です。 単なる捻挫かと思ったら、 「靭帯が伸びると戻らないよ」なんて言われてショックを受ける選手は結構多いです。 ですから、まず靭帯が伸びるということとその治療過程に対する正しい知識は身につけておきたいですね。   ということで、靭帯が伸びると完治するのか否か?ということについてスポーツ医学的な解説をできるだけわかりやすくお届けし、 そして、完治を目指すためのオススメの治療法をお伝えしたいと思います。   ...

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.