上腕二頭筋長頭腱炎と断裂のすべて ベンチプレスで肩の前が痛い!?

上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)というのは、
一番有名な筋肉かもしれません。
いわゆる、力こぶの筋肉です。

この上腕二頭筋は二頭筋というだけあって、二つの頭があります。
一つが長頭腱、もう一つが短頭腱という長短の腱にわかれます。

そして、大抵問題が起こりやすいのは長い方だということで、
このページでは詳細記事を紹介しながら、
上腕二頭筋長頭腱の炎症と断裂について解説していきます。

ベンチプレスというウエイトトレーニングで最も人気がある種目で
肩を傷めやすいというのは日々、肩を専門とした診察をしていると
実感していることですが、

その原因の一つに上腕二頭筋長頭腱炎や断裂があるということが言えます。

そういった原因、メカニズムについても解説を加えていきます。

上腕二頭筋長頭腱とは?

上腕二頭筋長頭腱(じょうわんにとうきんちょうとうけん)そのものについて解説します。

上腕二頭筋というのは冒頭でお伝えしたとおり、
力こぶの筋肉ですから、おなじみで、ご自身で触れることもできるでしょう。

この上腕二頭筋は肘を曲げることが主な働きです。
もう一つ覚えておくといいのは、
前腕の回外(かいがい)という働きもあります。

これは肘を曲げた状態でやるとわかりますが、
回外、回内の中間地点は、肘が曲がった状態で、親指が上、小指が下と
なっている状態です。
いわゆる、「小さく前習え」状態です。

そこから回外すると手の平が上を向きます
逆に回内すると手の平が下に向きます。

この回外の方が上腕二頭筋が収縮すると起こるということです。

そして、長頭腱と短頭腱という二つの頭があるとお話ししましたが、
力こぶの段階ではこの二つは分かれていなくて、
肩に近づくと、二つのスジ(腱)に分かれて、
長頭腱は結節間溝(けっせつかんこう)という溝を通って、
肩の関節の中に入ります。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

短頭腱は肩の関節の外で烏口突起という肩甲骨の骨にくっつきます。

上腕二頭筋長頭腱炎とは?

この上腕二頭筋の長頭腱の方が
何らかの原因で炎症を起こして、痛みが出ることが
上腕二頭筋長頭腱炎と言われます。

上腕二頭筋長頭腱炎はかなり多い肩の痛みの原因です。
しかし、上腕二頭筋短頭腱炎というのは滅多にありません。

その理由は上腕二頭筋長頭腱が先ほど述べたとおり、
結節間溝という溝を通って、関節内に入るので、
その狭い溝を通ること、そして、そこから急カーブして
関節内に入るところで、

イメージとしては「擦れやすい(こすれやすい)」
ということが言えます。

そして、この上腕二頭筋長頭腱炎かどうかを判定するテスト
というのは、この上腕二頭筋長頭腱に負担がかかる
肩の動きや筋肉の使い方をすることで
痛みが出るかをチェックします。

くわしくはこちらの記事をご覧ください

上腕二頭筋長頭腱断裂とは?

さらに上腕二頭筋長頭腱断裂という、
腱が切れてしまう状態も意外に少なくないです。

さきほど、上腕二頭筋長頭腱炎が起こりやすいのは
「擦れるから」と言いましたが、

擦れ続けると、切れますよね。

そういうことです。

こちらの記事もご参照ください。

上腕二頭筋長頭腱炎の原因 ベンチプレスは原因になる?

上腕二頭筋長頭腱炎の原因についてですが、

一言で言えば、上腕二頭筋に負担がかかることすべてと言えるかも知れません。

例えば、肘を曲げる筋肉ですから、
重い荷物を繰り返し持ち上げたりすることだったり、

また、肩関節内に入るスジなので、
肩を使い続けるスポーツや作業をしていたりとか、

もしくは、原因不明で
四十肩、五十肩の一つの症状として起こることも少なくありません。

 

スポーツ選手では冒頭でも述べたように
ベンチプレスとの関連がありそうな患者さんもよくいらっしゃいます。

ベンチプレスは上腕三頭筋という上腕二頭筋の逆側にある筋肉や
大胸筋という筋肉を使うトレーニングなので、

上腕二頭筋長頭腱炎になるのか?
ということは疑問として湧き上がって当然ですが、

実際は、肩の関節内に急カーブして入るところで、
腱が不安定に動くのが、
肩を内旋して挙上するという動きです。

これは特にベンチプレスでナローグリップ(両手の間隔が狭め)で
バーベルを持ち上げる時の動きです。
ですから、実際は上腕二頭筋長頭腱にも十分負荷がかかる動きと言えます。

 

ただ、一番典型的なのは腱板断裂との関連です。

肩腱板損傷(断裂)のすべてとトレーニングについて専門医が解説
肩腱板損傷(断裂)のすべてとトレーニングについて専門医が解説

肩とスポーツの整形外科専門医

続きを見る

特に前を走る肩甲下筋腱と棘上筋腱の断裂があると、
上腕二頭筋長頭腱は肩関節内に入るときに
結節間溝という溝から逸脱(亜脱臼、脱臼)しやすくなるので、
一気に「擦れる(こすれる)」んですね。

僕は腱板断裂の手術を数多くしていますが、
腱板断裂の患者さんの多くは上腕二頭筋長頭腱もかなり傷んでいて、
断裂している人も珍しくありません。

断裂の原因は?ベンチプレス以外にも多々あり

上腕二頭筋長頭腱断裂は先ほど述べた
上腕二頭筋長頭腱炎の原因がそのまま当てはまります。

炎症が長引き、原因が取り除かれなければ、
いずれ切れます。

ただ、もっと急激な力が加わって切れてしまうこともあります。

競技レベルのウエイトリフターや、
柔道や相撲などの強烈な力が加わるスポーツ、格闘技などでは
蓄積された負荷、炎症をベースにしながら、
一発の強烈な力で切れてしまうことがあります。

上腕二頭筋長頭腱炎の治療

上腕二頭筋長頭腱炎の治療ですが、
まず病院で一般的に行われるのは、

  • 消炎鎮痛剤の内服・外用(湿布など)
  • ステロイド剤などを腱の周りに直接注射
  • 手術

という3つが主です。

こちらで解説しております。

特にここでは手術について解説を加えておくと、
一般的な上腕二頭筋長頭腱炎の手術療法は
長頭腱を根本で切ってしまう、腱切り術です。

「え!?切っちゃうの!?」
と思われると思います。

それって、上腕二頭筋長頭腱断裂と同じじゃ?

と思いますよね。

 

実際同じ状況を作るんですが、
痛みは改善することが多いです。

擦れて炎症している状態が痛いわけですが、
切ってしまうと擦れることはなくて、
結節間溝という溝の入り口くらいで切れた腱が落ち着いて、

痛みが引いてしまうことが多いんですね。

つまり、切れそうに炎症しているときが痛くて、
切れちゃうと痛くなくなる

ということが理論上も、経験的にも多いので、
切るという手術は意外とよく行われます。

 

切っちゃっても上腕二頭筋の働きである
肘を曲げる、前腕を回外する
という働きは失われません。

それは短頭腱が残っていることも一つですし、
長頭腱もなくなっちゃうわけではないというのが理由です。

デメリットとしてよく話すのは
ポパイサインという力こぶが大きめに見えるという
外観上の変化です。

これがイヤだという人や、
わずかでも筋力低下を避けたいという人は
腱を切ったあとに、結節間溝より下に腱を糸で縫い付けちゃう
腱固定術を行うこともあります。

上腕二頭筋長頭腱炎に有効なテーピング

こちらの記事でテーピングを解説しておりますが、

上腕二頭筋長頭腱炎に対するテーピングは
筋肉の力を助ける、サポートする目的で行い、

それは結果として、相対的な「安静」に繋がって、
治りやすくなるという効果があります。

上腕二頭筋長頭腱炎の治療・予防に有効なストレッチ

さらに筋肉のスジの炎症という意味で言えば、
筋肉の緊張が減って、緩んでいれば、スジにかかる負荷も減る

という理屈が考えられるので、
ストレッチは基本的な対策として常に推奨されます。

こちらの記事をご覧ください。

上腕二頭筋長頭腱断裂の治療・手術・リハビリ

最後に上腕二頭筋長頭腱断裂の治療についてです。

まずシンプルに長頭腱が断裂した場合、
それを元の位置に縫うということはしません。

元の位置、というのは肩関節内の肩甲骨の上になるんですが、
そこに縫っても、また、切れてしまうことが多いですし、
結節間溝からの急カーブという
炎症を起こしやすい構造を残すので、痛みの原因にすらなります。

ですから、断裂したものを縫うとすれば、
結節間溝の入り口、関節の外側に縫う
ということになります。

しかし、必ず縫わないといけないというものではありません。

 

それは先ほども述べたとおり、
上腕二頭筋長頭腱が断裂しても、肘は曲げられるし、前腕も回外できるし、意外と時間が経てば痛みも引いてきます。

ですから、上腕二頭筋長頭腱断裂の場合の治療のポイントは、
その原因です。

特に注意が必要なのは、原因で述べたとおり、腱板断裂です。
腱板断裂のせいで、上腕二頭筋長頭腱が逸脱したりしていたとすれば、
腱板断裂を修復することの方がはるかに大事な治療になります。

こちらの記事もご参照ください。

まとめ

上腕二頭筋長頭腱の炎症や断裂について
その基本から治療についてまで解説しました。

この治療については上腕二頭筋長頭腱に対するしっかりとした理解がベースにないと、間違いやすいので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

上腕二頭筋長頭腱

2018/10/8

上腕二頭筋長頭腱炎とは?その判定テストを解説

肩の前面が痛い・・・ そんなときはこの上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)かもしれません。 上腕二頭筋と言えば、力こぶの筋肉ですが、この筋肉が肩の痛みの原因になり得るんですね。人の身体は不思議なモノです。 ということで、今回は上腕二頭筋長頭腱炎とは?という基本的なことから一般的な病院でやる治療についてまでを解説いたします。 こんにちは、肩を専門とするスポーツ医整形外科医の歌島です。 本日も記事をご覧いただきありがとうございます。 それではいきましょう! 上腕二頭筋はいわゆる力こぶの ...

上腕二頭筋長頭腱

2018/10/8

上腕二頭筋長頭腱炎に有効なテーピングとその目的を解説

今回は上腕二頭筋長頭腱炎という肩の前側の痛みに対する効果的なテーピングを紹介、解説していきたいと思います。 上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングは検索すれば動画もたくさん出てきますが、何がいいテーピングなのか?氾濫した今の情報時代の中では選択する難しさがありますよね。 そこでのポイントはメカニズムの理解だと思います。 なぜ上腕二頭筋腱炎がおこり、どこの何がどうなっているのか? そして、治療はどのようなコンセプトで行うのか? ということを理解した上であればテーピングもどれを選択すればいいかシンプルになってきます。 ...

肩の痛み

上腕二頭筋長頭腱

2019/3/30

上腕二頭筋長頭腱炎に有効な2つのストレッチを解説

今回は上腕二頭筋長頭腱炎の治療とストレッチについて解説いたします。上腕二頭筋長頭腱炎というのは主に肩の前方にある上腕骨結節間溝(けっせつかんこう)という部分に痛みが走ります。 例えば、医師に上腕二頭筋炎と言われ、「安静と薬で炎症をとっていきましょう」と一言で済まされてしまったとしたら、少し不安に襲われているかもしれません。 なぜ安静と薬での治療をするのだろうか? なぜ他の治療は選択肢に入らないのだろうか? 根本原因は何で、それを改善する方法はないのだろうか? そんな疑問が出てもおかしくないです。 &nbs ...

上腕二頭筋長頭腱

2018/10/8

上腕二頭筋長頭腱炎の完治へ向けた治療(注射など)を解説

今回は上腕二頭筋長頭腱炎という肩の前側の痛みに対する効果的な治療法について解説いたします。 上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングやストレッチなどをこちらのサイトでも解説してきておりますが、実際にどのような考え方でどのような治療をして、組み合わせていていくのがいいのか?ということを解説いたします。 こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。 それではいきましょう!   上腕二頭筋長頭腱炎の治療コンセプト 上腕二頭筋長頭腱炎は負担がかかりやすい結 ...

肩の痛み

上腕二頭筋長頭腱

2018/10/8

上腕二頭筋長頭腱断裂とは?その痛みや治療(手術・リハビリ)を解説

今回は上腕二頭筋長頭腱断裂とは?ということから、痛みはどういったものなのか? 治療法は?ということについて解説していきます。 上腕二頭筋というのはいわゆる力こぶの筋肉ですが、この筋肉、それも肩に近いところで切れてしまうことがあります。 なぜ切れてしまうのかという原因や、切れてしまうとどうなるのか?という症状などについて解説し、最後に治療法についても解説いたします。 こんにちは、肩を専門とするスポーツ医整形外科医の歌島です。 本日も記事をご覧いただきありがとうございます。 それではいきましょう! 上腕二頭筋 ...

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.