「肋骨の骨折」 一覧

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

肋骨の骨折

2018/11/14

肋骨骨折の治療期間は?完治するのか? 専門医解説

肋骨骨折の治療、 特にその治療期間についてと 元通りに完治するのか? 後遺症が残ることはあるのか? といったことについて解説いたします。 こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日の記事をご覧いただきありがとうございます。 それではいきましょう!   肋骨骨折の治療と治療期間について 肋骨骨折の治療ゴール 肋骨骨折に限らずですが、 骨折治療のゴールは、 骨折前の状態に戻ること。 つまり、その骨折部位の痛みがなくなり、 その骨が関係する関節の動きが完全に 幅広く、スムースに、力強く動かせる。 ...

肋骨の骨折

2018/11/14

バストバンドの巻き方と期間は?肋骨骨折治療を専門医解説

肋骨骨折の骨折自体に対する治療というのは、 あまり特別なものはありません。 その中でも強いて言えば、バストバンド(胸部固定帯) というものをやります。 このバストバンドの巻き方と、装着期間、 就寝時にも装着すべきかどうかという点について解説します。   こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日も記事をご覧いただきありがとうございます。 それではいきましょう! 肋骨骨折のおけるバストバンドの必要性 このバストバンドは 必ずやらなければいけないわけではないです。 やらなくてもほとんどの肋骨骨 ...

肋骨の骨折

2018/11/14

肋骨骨折を放置してはいけない3つの理由

今回は肋骨骨折についてですが、 肋骨骨折は特にギプスをすることもなく、 放置していいという話を聞いたことがあるかもしれません。 実際、肋骨骨折自体は 特に処置をすることなく、治ることがほとんどですが、 それと放置することは話が別です。 放置して、見逃してしまう危ない病態を3つお伝えします。   こんにちは、こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日の記事をご覧いただきありがとうございます。 それではいきましょう! 肋骨の大切な特徴:肺を覆っているということ 肋骨は左右12本ずつ、胸椎という ...

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.