「開放骨折」 一覧

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

開放骨折

2018/11/14

開放骨折の治療はどんなことをするの?専門医解説

今回は開放骨折の治療について、 救急室や緊急手術の後、 どのような流れで治療していき、 順調なケースではどういう治療期間となるのか? 手術は必要になるのか? 後遺症は残るのか? など、多くの方が不安に感じる点について お伝えできればと思います。   こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。 本日も記事をご覧いただきありがとうございます。 応急処置から約2週間:感染との勝負 細菌感染のリスクが高いと説明しましたが、 この勝負は応急処置でしっかり洗った後も 続きます。 さらに2週間程度は 抗生剤( ...

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.