足の指の骨折

足の指の骨折をしても歩ける?油断大敵なその骨折を解説

更新日:

足の指の骨折と歩行 歩けるかどうか
ということについての解説記事をお届けします。

これには大きく2つの疑問点があると思います。

それは

足の指を傷めたが歩ける。この時点で骨折は否定できるのか?

ということ、つまり、
足の指の骨折とその症状として歩けるか歩けないか

というお話

それに、もう一つ

足の指の骨折後に歩けるようになるのか?

つまり、
足の指の骨折の後遺症として歩行障害というものがあるのか?
その可能性は?

といった疑問です。

骨折治療中と治療後の歩ける?
どちらも患者さんから聞かれることがある質問です。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

足の指の骨折をしてしまっても歩ける?

まずこの疑問ですね。
足の指の骨が折れているのに、
歩くことなんてできるのか?

ということですが、

結論からすると、
歩くことはほとんどのケースで可能です。

ただし、歩き方は通常通りとはいきません。

通常の歩行では、
足はかかとから地面について、
最後はつま先立ちになって、
足の指で地面を蹴るように
(正確な表現ではありませんが)
離れていきます。

つまり、骨折している足の指に
負担がかかる瞬間があるわけです。

この歩き方は多くの足の指の骨折でできなくなります。

そのため、意識的にも無意識的にも、

足の指はあまり使わずに
足の裏でぺたぺた歩く

いわゆる「べた足歩行」

さらには、骨折している足の指を地面につけないように、
内側や外側に傾けて歩くケース

または、かかとだけで歩く
「かかと歩行」

これらの特殊な歩き方になっているはずです。

骨折がほとんどずれがない
ひびのような状態の時は、

通常の歩き方も痛みがありながらできる

という状態は考えられます。

ですので、

足の指の骨折があるときは
たいてい「通常の歩き方はできない」

しかし、
「通常の歩き方ができて」も、
そのときに痛みがあるなら、
結局、骨折の可能性は残る

ということです。

 

足の指の骨折後 歩くことはできるのか?

今度は後遺症の問題ですね。

こちらも結論から言うと、

足の指の骨折後、歩けないという後遺症は
滅多にない

といえます。

100%ないなんてことは当然言えませんが、
かなり可能性は低いでしょう。

ただ、非常に稀ですが、
「通常通り歩けない」というケースはあり得ます。

特に治療せずに放置してしまった場合や、
もともとの骨折が激しい重症型の場合には
可能性が上がります。

骨折の後遺症としては、

痛みが残ったり、
変形が残ったり、
もっとひどいときは、くっつかなかったりします。

そんなときは、通常通り歩くというのが難しくなりますが、

それでも、歩き方を
先ほどのべた足歩行などのように工夫すれば、
歩くことができる方がほとんどです。

歩くことができなくなる
ということは過度に心配する必要はないかと思いますが、
何より適切な治療を受けることが第一ですね。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-足の指の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.