肋骨の骨折

肋骨骨折の治療期間は?完治するのか? 専門医解説

更新日:

肋骨骨折の治療、
特にその治療期間についてと

元通りに完治するのか?

後遺症が残ることはあるのか?

といったことについて解説いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日の記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

肋骨骨折の治療と治療期間について

肋骨骨折の治療ゴール

肋骨骨折に限らずですが、
骨折治療のゴールは、

骨折前の状態に戻ること。

つまり、その骨折部位の痛みがなくなり、
その骨が関係する関節の動きが完全に
幅広く、スムースに、力強く動かせる。

そういう状態に戻ること。

これは、僕のポリシーからは外れますが、
一般にはそうでしょう。

そう考えると、

呼吸時の痛みなどがなくなり、

激しい運動をして、
胸郭が激しく動いても、
体幹を激しく動かしても、

さらには多少の衝撃が肋骨に走っても

痛くない。

そんな状態ですね。

 

 

そのためのほぼ必須の条件とも言えるのが、

これまた当然ですが、

肋骨骨折がくっつく

ということです。

肋骨骨折がくっつくために必要なこと

肋骨骨折がくっつくために、
最も必要なこと。

それは 時間 です。

他の骨折の場合は、
しっかり固定して、
骨折部が動かないようにすること。

これが最も必要なものとして、
時間と迷うくらいのものですが、

肋骨骨折の場合は、
そもそもしっかりした固定はできませんし、
やるとしてもバストバンドという
コルセットのようなものです。

しかし、逆に言うと
放置しても多くの場合、
くっついてくれるのが
肋骨骨折の1つの特徴です。

肋骨骨折の治療の中心は痛みをおさえること

そう考えると、
肋骨骨折に特別な治療は必要ありませんが、

 

固定できない故に痛みが長引くのが
肋骨骨折の問題です。

そのために呼吸が浅くなったり、
活動性が必要以上に落ちて、

その間の体力の衰え、
筋力低下などが問題になります。

それであれば、
バストバンドをしたり

消炎鎮痛薬を内服したりして、

痛みを減らしながら、
日常生活、もしくは無理のないトレーニングを
していく。

そうしながら、骨がくっつくのを待つ。

それが治療と言えます。

肋骨骨折の治療期間は1から2ヶ月

そして、肋骨骨折がくっつくまでは、
だいたい4週間から6週間程度かかり、

さらに、そこから徐々に骨も、
新陳代謝をして強くなっていきます。

そのため、だいたい傷めてから1-2ヶ月の中で
重労働やスポーツ競技に復帰することを目指します。

肋骨骨折は完治するのか?

治療期間はわかったが、
そもそも完治するのか?

ということ、

つまり治療の一般的なゴールである、

元通り

これは達成できるのか?

という点ですが、

骨がくっつかないというケースは少ないので、
治療のゴールとしては、
多くの場合は達成できます。

しかし、骨がくっつく=元通り

ではないというのは注意が必要です。

肋骨骨折が完治しない場合

肋骨骨折が完治しない場合をいくつか
例にあげてみたいと思います。

肋骨骨折の程度が激しい場合

これは肋骨のズレが大きい場合や、
何本も折れている場合ですね。

この場合は胸郭の形が変わって、
スポーツ競技レベルでは呼吸機能、
たとえば 肺活量に影響がでることがあります。

また、骨がくっつかない可能性も、
ズレが大きければ出てきます。

肋骨周囲のダメージが大きい場合

これは、肋間筋や肋間神経と呼ばれる、
肋骨と肋骨の間にある筋肉や神経がダメージを
受けてしまい、

  • 肋間筋の痛み
  • 肋間神経痛

というものが後遺症として残ってしまうケースが、
稀にあります。

 

 

今回のポイントとしては、

多くの場合は1-2ヶ月の治療期間で肋骨骨折は完治するが、
しないケースもあるので、
痛みが続く場合は骨がくっついても受診を検討してください。

ということになります。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-肋骨の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.