肋骨の骨折

肋骨骨折を放置してはいけない3つの理由

更新日:

今回は肋骨骨折についてですが、
肋骨骨折は特にギプスをすることもなく、
放置していいという話を聞いたことがあるかもしれません。

実際、肋骨骨折自体は
特に処置をすることなく、治ることがほとんどですが、

それと放置することは話が別です。

放置して、見逃してしまう危ない病態を3つお伝えします。

 

こんにちは、こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日の記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肋骨の大切な特徴:肺を覆っているということ

肋骨は左右12本ずつ、胸椎という背骨から、
前の方では肋軟骨という軟骨になって、
胸骨までぐるーんと回り込んでいる骨です。

大切なポイントは、そのすぐ内側深くに
肺がある

ということです。

心臓もそうですが、
特に肋骨骨折との関係では
肺が大切になります。

そして、肋骨でできている
胸郭という骨格が
呼吸によって膨らんだりしぼんだりします。

この肺・呼吸との関連が
肋骨骨折においては大切になってきます。

 

肋骨骨折で放置すると危ない3つの病態

この肺・呼吸との関連で
肋骨骨折の時に起こりやすい注意すべき
3つの病態についてお伝えします。

1.フレイルチェスト 動揺胸郭

これは肋骨が複数本、複数箇所で折れてしまった場合に
起こりうる重症型の肋骨骨折です。

引用画像:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

引用画像:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

普通は息を吸うと胸、胸郭は広がり、
吐くとしぼむわけですが、

それが胸郭をつくる肋骨がたくさん折れて、
形を維持できないために
逆に動いたり、ばらばらに動いたりします。

これをフレイルチェスト(動揺胸郭)と呼びます。

これは痛みは当然のことながら、
呼吸困難の大きな原因です。

救急外来での専門的な処置(気管挿管など)が必要になります。

 

2.気胸・血胸

次に、肋骨の内側にある肺に

穴があいて空気が漏れてしまう 気胸

引用画像:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

引用画像:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

肺から出血して血がたまってしまう 血胸

引用画像:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

引用画像:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社-

というものがあります。

これは比較的、肋骨骨折によくみられて、
時に入院して
専門的な治療が必要になります。

それはドレナージと言って、
空気や血を抜くという治療がメインになります。

3.肺炎

これは肋骨骨折直後よりも、
その痛みによって、

呼吸が常に浅くなってしまって、
風邪などを合併した際に起こりやすいです。

痰が溜まって、さらに痛みのせいで
痰を出せない。

その結果、肺炎になってしまう。

ということもあり得ます。

どれも、放置した結果、大変な治療が必要になることがあるものです。

 

 

フレイルチェストはさすがに放置も何も、
救急車に運ばれていることがほとんどですが、

気胸、血胸やその後の肺炎などは、
早めに見つけないといけません。

 

そのため、肋骨を強打して、痛みがある、
一度肋骨骨折と診断後も、
咳や痰が出る。息苦しい。

これらの症状があれば、
一度病院を受診することをお勧めします。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-肋骨の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.