上腕二頭筋長頭腱

上腕二頭筋長頭腱炎に有効なテーピングとその目的を解説

投稿日:

今回は上腕二頭筋長頭腱炎という肩の前側の痛みに対する効果的なテーピングを紹介、解説していきたいと思います。

上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングは検索すれば動画もたくさん出てきますが、何がいいテーピングなのか?氾濫した今の情報時代の中では選択する難しさがありますよね。

そこでのポイントはメカニズムの理解だと思います。

なぜ上腕二頭筋腱炎がおこり、どこの何がどうなっているのか?
そして、治療はどのようなコンセプトで行うのか?

ということを理解した上であればテーピングもどれを選択すればいいかシンプルになってきます。

 

そんな解説ができればと思いますので、しばしおつきあいいただければと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングを理論から解説

それでは上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングについて理論的に解説していきます。

上腕二頭筋長頭腱炎の治療の目的

上腕二頭筋長頭腱炎はその腱に負担がかかりやすい結節間溝という部位での炎症でしたね。

上腕二頭筋長頭腱炎とは?その判定テストを解説

肩の前面が痛い・・・ そんなときはこの上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)かもしれません。 上腕二頭筋と言えば、力こぶの筋肉ですが、この筋肉が肩の痛みの原因になり得るんですね。 ...

続きを見る

そのメカニズムを考えた上で、治療の目的は

  • 上腕二頭筋長頭腱の結節間溝での炎症を抑える
  • 結節間溝部での負担を減らしていく

この2つということになります。

治療の全体像についてはこちらをご参照ください。

上腕二頭筋長頭腱炎の完治へ向けた治療(注射など)を解説

今回は上腕二頭筋長頭腱炎という肩の前側の痛みに対する効果的な治療法について解説いたします。 上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングやストレッチなどをこちらのサイトでも解説してきておりますが、実際にどのような考 ...

続きを見る

上腕二頭筋長頭腱の働きをテープの張力でサポートする

そんな治療の全体像・目的の中でテーピングの役割はどういうものになるのか?というと、

テープを使って治療のコンセプトである「結節間溝部での負担を減らしていく」ということを考えるわけです。

そのためには上腕二頭筋が頑張らなくて済む状態を作る

というのが1つですよね。

 

上腕二頭筋が頑張る、すなわち強く収縮すると、結節間溝で上腕二頭筋長頭腱が強く引っ張られるわけですね。

それをテープを上腕二頭筋に沿って貼ることで、テープの張力(すなわち縮もうとする力)が筋力をサポートしてくれます。

つまり、テープが元に戻ろうとする力を使って、多少でも自前の上腕二頭筋をサボらせてあげようとするわけです。そうすると、その上腕二頭筋の先端である長頭腱も過度に引っ張られずに済むわけです。

具体的な方法はこちらの動画をご参照ください。

肩の前方を圧迫する

もう一つ、結節間溝での負担を減らすためにやるのは、肩の前方を圧迫するということです。

結節間溝で上腕二頭筋長頭腱が通っているわけですが、まっすぐ直線的に力の方向に走っているわけではなく、肩の前方で急激にカーブしているわけです。


画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

 

そのため、上腕二頭筋長頭腱が引っ張られるたびに、このカーブをショートカットしようという力が働きます。それは物理的には当然の力です。

この繰り返しの中で、上腕二頭筋腱がショートカットしないように押さえている周りの膜などが炎症を起こしてしまい、徐々に上腕二頭筋長頭腱の動きが安定しなくなってきてしまうので、

この上腕二頭筋長頭腱の走行を安定させるように肩の前方を圧迫してあげるというテーピングも効果が期待できます。

具体的にはこちらをご参照ください。(さきほどの動画の途中から再生されます。) こちらはさきほどの上腕二頭筋に沿ったテープとクロスするテープを多少伸ばしながら貼って圧迫効果も出しています。

まとめ

今回は上腕二頭筋長頭腱炎に対する有効なテーピングについて、理屈も含めて解説いたしました。

よく理解できていないまま、言われたとおり、本に書かれてあるとおりにテーピングするのと、
理屈を理解してテーピングするのは効果が全然違いますし、状況に応じた応用が利きます。

ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-上腕二頭筋長頭腱

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.