メンタルコーチング イメージトレーニング

効果的なイメージトレーニングにするための3つの注意点をスポーツドクター解説

投稿日:

イメージトレーニング(イメトレ)はその使い方次第で効果的にも、意味がないものにもなってしまいます。今回は成功させるため・・・逆に言うと、イメトレを無意味なモノにしないための注意点を解説します。

この注意点を押さえていただければ、イメージトレーニングが無意味なモノになるという残念な結果は避けられますし、突き詰めれば、思いっきり効果的なイメージトレーニングにすることもできます。

イメトレを今までやってきたけど、あまりしっくりこない、実感がないという人は今一度、この注意点に自らのイメージトレーニングを照らし合わせてみてください。また、これからイメトレをやってみようという人はまずこの注意点を押さえてやってみてください。

イメージトレーニングを成功させるための3つの注意点

それではさっそくイメージトレーニングを成功させるための注意点をお伝えしていきます。3つに絞ってお伝えしますので、しっかりチェックしてみてください。

1.イメージトレーニングの効果を疑わない

まず一番大切なのはイメージトレーニングの効果そのものを疑わないということです。通常、様々なことがらは疑うこと、批判的な目を持つことで自らの思考力を高め、自ら主体的に生きていくことができるわけですが、

こと、イメージトレーニングについて言えば、疑えば、その効果は著しく落ちます。

「信じるモノは救われる」

なんて言えば、ただの宗教になってしまいますが、

そういった類いの「疑わない」ではなくて、しっかりとした脳科学的な根拠をもとに「1mmも疑わない」状態を創り上げることが大切です。

そのためにもこちらの記事で脳科学的なメカニズムとデータを知っていただき、疑わないで、「まともにやれば効果が出ないわけがない」という考えでイメトレに取り組んでください。

脳内イメージ 認知機能 イメージトレーニング
イメージトレーニングの脳科学的根拠を知ると効果が圧倒的に上がる

今回の記事ではイメージトレーニングの(イメトレ)脳科学的根拠についてもご紹介しながら、その効果を疑う余地がないレベルまで引き上げることを目指しています。 イメージトレーニングは脳科学的に正しい方法だと ...

続きを見る

2.イメージトレーニングを無機質に行わない

次の注意点はイメージトレーニングを無機質に行わないということです。

無機質なイメージトレーニングというのは、なんとなく真面目にカタっ苦しく、テンションも上がらず、表情も変わらず、感情もわき起こらずに目をつぶって行う。そんなトレーニングのやり方を無機質なイメトレと呼んでいます。

これでは実はイメトレの効果は上がらないんですね。

イメージトレーニングの目的は現実世界を変えることにありますよね。それはスポーツパフォーマンスを上げることだったり、本番で力を発揮することだったりするわけですが、その現実世界を変えるイメトレにするために大切なのは「臨場感、リアリティ」です。

イメージトレーニング

「臨場感」が低いイメージは現実世界に何の影響も及ぼしません。 それはつまらない映画を見ているときのような状態です。

そうなると、映画の内容は入ってきませんし、それによって涙を流すことも、笑うことも、心臓の鼓動が高鳴ることも、モチベーションが上がることも・・・そんな現実世界の変化は起こりようがありません。

しかし、「臨場感」が高いイメージは現実世界に何らかの変化を起こします。 無我夢中で映画を見ているときを想像してみてください。

映画 臨場感

泣きますよね。笑いますよね。見終わったあと、モチベーションが上がっているのか、ぐったり疲れているのか・・・何らかの、結構な変化が現実に起こっているはずです。

 

ですから、イメージトレーニングをするときには当然、感情も豊かに動きますし、表情も変わりますし、ときに息が上がったっていいわけです。ハタから見たら、変な人でいいわけです。あなただけの脳内で現実を変えるインパクトのある臨場感が高い出来事が起こっているわけですから。

そういう無機質じゃない、臨場感が高いイメージトレーニングを心がけましょう。

3.イメージトレーニングを思い出したようにやらない

3つめの注意点が、イメトレを思い出したようにやらない。ということです。

イメトレは筋トレや日々の練習のように、毎日決まった時間に決まったメニューをこなす形にはなりにくいので、いつの間にかやらない時間が長くなって、また思い出したようにやるというケースが真面目な選手でも少なくありません。

イメトレはやらなくても現実で筋トレや練習などをしていれば、成長できている気がするのだと思います。だからこそ、陥りやすいワナです。

しかし、日々の筋トレや練習は他の同僚、チームメイト、ライバルも同じくらいやっている人はいるでしょう。1日24時間、365日は同じだけ与えられているわけで、その中で動かせる身体の活動量には限界があります。

しかし、実はイメトレは脳内の情報処理の話なので、限界がないんですね。同じパフォーマンスを1日に100回繰り返すこともできれば、高速に他の作業と並行しながら1万回繰り返すことだってできます。

つまり、ライバルに差を付けたいと思ったり、パフォーマンスをもっと飛躍的に高めたいと思ったら、やはりイメージトレーニングはどんどん活用したいものになるわけです。

そのためにもイメトレは毎日行うということを大切にしてください。歩きながらでも走りながらでも、できる時間はいくらでも作れるのがイメージトレーニングですから、うまく生活の中に組み込んでみてください。

まとめ

結局、大切になるのはイメージトレーニングには効果があるに決まっているという単なる事実を知るということ、イメージトレーニングで現実を変えるには臨場感、リアリティを上げること、普段の身体を使ったトレーニングや練習だけで満足せずにイメトレを徹底活用することがポイントになりますので、、それを妨げるようなことを注意点として3つあげました。

  1. イメージトレーニングを疑わない
  2. イメージトレーニングを無機質に行わない
  3. イメージトレーニングを思い出したようにやらない

この3つに注意しておくだけでイメージトレーニングの効果は間違いなく上がると思います。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-メンタルコーチング, イメージトレーニング

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.