手首の骨折

有鉤骨骨折の治療法は?手術は何をする?専門医解説

更新日:

今回は有鉤骨骨折の治療法について、

手術はした方がいいのか?
どういう手術法があるのか?

保存療法はどうなのか?
治療期間は?

といったことについて、専門医の視点から
できるだけわかりやすく解説したいと思います。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

有鉤骨骨折の治療は?

この有鉤骨が折れてしまう、
特に有鉤骨鉤が折れてしまうことが多いわけですが、

この治療法には、

シーネやギプスなどによる固定をする方法
手術をする方法があり、

手術にも主に2種類あります。

それは骨をくっつけるためにネジを入れる方法と、
折れてしまった有鉤骨鉤を取り除いてしまう(摘出)方法です。

それぞれについて解説いたします。

有鉤骨骨折の治療法:ギプスなど保存療法

有鉤骨骨折に限らず、
骨折部のズレが小さければ、

一般的には骨折部が動かないように固定すれば
基本的には骨は自然とくっつきます。

そのため、手術せずに治せるなら、
それを第一優先に考えます。

有鉤骨骨折の場合は、
手関節と指の根本のMP関節を
しっかりと固定する必要があります。

保存療法のデメリット:治療期間が長い

ただ、スポーツに多いということと、
指を曲げる腱がある手根管の壁であり、
かつ、小指球筋の付着部である

という特徴から、

この保存加療はデメリットもあります。

まず、筋肉に引っ張られたり、
手根管内の腱の滑走により
(指の第1,第2関節は拘縮予防のため固定しません)

骨折部が完全には固定できないので、

骨がくっつくまでの時間が長くなります。

時に2ヶ月以上必要になることがあります。

その間、手首と指のMP関節を固定していますので、
どうしても関節はカタくなりますし、

スポーツ復帰はさらに遅れます。
3ヶ月以上かかることもあります。

そういった意味で、
保存療法ではなく手術を選ぶ

というケースは比較的多いです。

保存療法が特に望ましいケース

それでも早期に固定を外して、
スポーツ復帰が可能になるケースもあります。

その代表例が、
有鉤骨鉤の先端だけの骨折の場合です。

この場合は骨のくっつきが早く、
1ヶ月程度で固定を外して、
少しずつ動かしていけることもあるので、

ケースバイケースで主治医と相談していただければと思います。

有鉤骨骨折の治療法:手術療法

手術法:骨折部をネジで固定する

まずは骨接合術と呼ばれる手術です。

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第一版 全日本病院出版会

有鉤骨というのは小さい骨ですので、
小さいネジを1本、
骨折部をまたいで固定するということになります。

これによって、
ギプスなどの固定よりはしっかり強い固定ができますが、

やはり骨がくっつくまで時間がかかるので、
負荷がかかるスポーツ復帰については
ギプスほどではないにしろ、時間がかかります。

手術法:有鉤骨鉤を取り除いてしまう

この有鉤骨鉤を摘出する方法が、
一番早いです。

ある意味当然ですね。

骨がくっつくのを待つ必要がないわけですから。

それでも、取っちゃって大丈夫なのか?

ということが心配ですよね。

 

骨折治療の原則として、

元の形に戻せるのであればそれを目指す。
ただし、最優先するのは、
骨の形ではなく、その骨の関わる「機能」である。

ということがあります。

つまりは、
骨を元通りにするというのも大事ですが、

それ以上に、
スポーツに復帰して、
いいパフォーマンスを発揮するための手首にする

ということが大切というわけです。

 

 

そういう観点から、
この有鉤骨骨折については、
有鉤骨鉤を摘出するという方法が、

時にベストな方法と判断され、選択されています。

 

実際、術後3-4週間でスポーツ復帰し
その後、特に後遺症を残さない
という選手が多いのがこの治療です。

もちろん、元の形でないこと、
筋肉や靱帯の付着部であることから、

筋力低下や、
腱の走行異常による痛み、

などのリスクは理屈の上ではありますが、

 

むしろ、
保存療法や骨接合術で
骨がズレてくっついたり、
偽関節と言ってくっつかなかった結果、

小指を曲げる腱が断裂してしまう
痛みが残ってしまう

という報告が時にあるくらいですから、

主治医と相談の上、
有鉤骨鉤を摘出するという選択肢も
十分考慮に入れていいと考えています。

 

 

ここまで、
有鉤骨骨折の治療法について、
ギプスなどの保存療法から、
手術方法についても解説いたしました。

少しでも参考になれば幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-手首の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.