骨端線

骨端線が復活する?止まった成長は再開できる? by専門医

更新日:

本日は骨端線と成長に関連するお話として、

「閉じた、閉じかかった骨端線は復活するのか?」
「止まった成長を再開させることはできるのか?」

という点について、

まず医学的な基本知識をまとめながら、
できるだけわかりやすくお伝えいたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をごらんいただきありがとうございます。

それではいきましょう!

骨端線の基本まとめ

骨端線=成長軟骨板

骨端線は、別の言葉で
「成長軟骨板(せいちょうなんこつばん)」といいます。

成長軟骨板はその名の通り、
成長する軟骨の板状組織で、

もっとシンプルにいうと、
子供が成長する=骨が長く伸びるときの、
伸びる場所そのものです。

レントゲンでもはっきりと、
一見「骨折している?」と思ってしまう部分がわかります。

画像引用元:小児整形外科の実際 第一版 南山堂

画像引用元:小児整形外科の実際 第一版 南山堂

骨端線が必要な理由

もともと、人の身体の成長には
その組織に柔軟性が必要です。

例えば、骨が伸びるに伴って、
「筋肉」も長く伸びていきます。

これは骨とは違い全体的に伸びます。

筋肉は柔らかいからです。

しかし、骨はきわめて硬いわけです。

むしろ、硬くないといけないわけですよね。
身体を支えなくてはいけないので。

しかし、成長しなくてはいけない。

そのため、部分的に柔らかい
骨ではない、軟骨の状態を保って、
細胞分裂をどんどんくりかえして成長する場所を
作ったということになります。

骨端線で骨が伸びる仕組み

骨の成長の仕組みですが

まず、軟骨の細胞が増殖していって、
徐々に骨の構造に変化していき、
最終的には石灰化といって、
カルシウムなどの沈着で強くなる。

このような順番で骨が長く成長していくわけです。

骨端線が閉じるということは成長が止まったということ

この骨端線が消失する
これを「骨端線が閉じる」とよく表現します。

レントゲンでみると、
骨折しているかのように見えた、
骨の関節近くの間隙がなくなっている

という状態です。

これは、もうその骨は伸びない
ということを表します。

正確には骨端線が閉じたから
成長が止まったわけではなく、

成長が止まった結果、骨端線が閉じたわけですが、
結局一緒ですね。

この骨端線が閉じる時期、年齢は
骨によっても異なります。
それも骨の中にも複数の骨端線があるものがありますから、
部位によっても異なります。

骨端線が閉じるまでの時間は延長できる?

この骨端線が閉じるまでの時間が延長できれば、
身長がもっと伸びそうですよね。

ただ、骨端線が閉じる時期、年齢は
もともと遺伝子レベルでプログラミングされていて、
後天的にコントロールはできないと考えられています。

実際、マウスの研究ですが、
あるAというマウスの骨端線を
Bというマウスに移植したところ、

骨端線が閉じる時期はAのマウスのもともとの時期と
同じであったという研究があります。

つまり、Bというまったく違うマウスの環境においても、
結局、もともとの骨端線にプログラミングされた時期に
骨端線は閉じた
ということです。

骨端線が復活したかのような再成長をするケース

さて、メインテーマである
閉じた骨端線は復活するのか?

ということですが。

結論から言うと、復活しません。

インターネットの世界は怖くて、

「わずかでも骨端線が残っていたら復活します」
(それって復活というのでしょうか・・・)
とか、
「成長ホルモンをしっかり分泌させることで復活も可能です」
などという情報があります。。。

成長ホルモンはもちろん成長には大切な調節ファクターです。
でも、閉じた、閉じかかった骨端線を
復活させる・・・そんなことはありません。

ただ、ときに、止まりかかった成長が
再度、加速することがあります。

こんな時に、「骨端線が復活した!」
なんて思ってしまうことがあるかもしれません。

それはどんなケースかというと、

例えば、
栄養失調や
なんらかの病気で

骨の成長が抑制されていた時期があり、

それらが改善したことで、

抑制されていた分も、
成長が加速する

そんな現象は時に起こります。

ただし、先ほどから述べているとおり、
骨端線が閉じる記事はあらかじめプログラミングされており、
それを復活なんてことは考えず、

骨端線が閉じるまでの間に、
しっかりと栄養を取って、規則正しい生活をして、
適度な運動をして、
全身に、骨にいい刺激を加えていく。

それに尽きると思います。

医療関係の情報発信は、
まずその信頼性を確認したいですね。

そのためには「誰が」書いた記事かを
ぜひご確認ください。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-骨端線

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.