足の骨折

足のギプスを巻いたら靴はどうする?オススメはこれ!

更新日:

今回は足や足首の骨折でギプスを巻いたときに
靴をどうすればいいのか?
という問題に対して、
少し考察を加えてみたいと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

足のギプスを巻いたときの共通の悩み

「足の骨折ですね。ギプスを巻きましょう」

「え?困ります!!」

このやりとりを僕は

整形外科医として、もう何回も繰り返しております。
そうは言われても、
折れてて治療が必要なんだから仕方ない。

必要性を説明して、
ご理解いただいて、固定をしています。

この時に多くの患者さんの共通の悩みは

「ギプス巻いたら靴が履けない」

ってことなんですね。

adobestock_79989950

ギプスを巻いてしまうと、
靴が入らなくなってしまいますからね。

それはギプスでなくて、
シーネという副え木(そえぎ)と包帯であっても同じです。

足のギプスの時の靴は大きめのサンダルがオススメ

そんな時に、患者さんに聞かれても、

「入る靴かサンダルを探していただくしかないですね。」

という、
そりゃそうだろ・・・
という言葉しかかけられませんでした。

ギプスを巻いたときの理想の靴の条件は?

ギプスの上から使う履物として、
理想的なものはなにか?

その条件を考えてみましょう。

1.ギプスごとしっかり入ること

これが最重要ですよね。
入らない履物は履けないですから(笑)

そうなってくると相当大きい靴か、
余裕のあるサンダルなどが選択肢に入ってきますね。

2.しっかりと足を固定できること

1番と少し矛盾しそうな条件ですが、
大切な条件です。

ギプスを巻いている足は、
足、足首などの関節が固定されているわけで、

つまり、足が動かせない中で、
靴が脱げない状態を維持しなくてはいけないことになります。

そういった意味で、
足の指だけを突っ込んで履くスリッパなどは、
いくら入ったとしても、
やはり脱げてしまう不安が残ります。

3.ギプスを外した後も日常使いできるもの

これはできれば、という程度の条件ですが、

ギプスをつけている期間は長くて2ヶ月程度です。
その期間のために何千円もするものを買うのは
正直馬鹿らしいですよね。

ただでさえ、医療費がかかって、
時間も取られているのに・・・

でも、もしその靴が、
今後も使えるじゃん!って思えるものなら、
だいぶ、気分的にも
だいぶ違うんじゃないかなと思います。

2000円で2ヶ月しか使えないものを買うなら、
5000円でずっと使えるものを買いたい・・・

僕ならそう思うんですが、いかがでしょうか?

こんなのはいかがでしょう?ギプスの時の理想のサンダル!

ギプスの時の理想の履物の条件を3つ挙げました。

しかし、この3つを満たす履物ってあるのか?
と思っていました。

しかし、先日、患者さんが、
ギプスの上から履いてこられたサンダルが

あ、これだ!!

と思わせてくれたので、
ご紹介します。

これなんですが、
Tevaというメーカーのサンダルです。

これはバンドで固定するタイプのサンダルで、
そのバンドの長さの調節で、
足のサイズに合わせられます。

ですから、ギプスをしていても入るし、
かつしっかり固定できる。

そして、デザインも好みによって違うでしょうが、
少なくとも履いていて恥ずかしいものではないと思います。

僕は個人的には
普段履きとしては十分いいかな!
って思います。

 

ギプスやシーネを巻いたとき時には、
ぜひ、一度お試しいただければと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-足の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.