肘の骨折

肘の骨折は後遺症が残りやすい!子供と大人で全く違う注意点を専門医解説

更新日:

今回は肘の骨折の後遺症のお話です。
肘の骨折は特に後遺症については
注意したい骨折です。

それは肘の骨やその周囲の特徴から

後遺症が起こりやすかったり、
治療が難渋しやすいわけですが、

そういった基本的なことも大事ですので、
関連記事もご参照ください。

 

こちらでは注意すべき後遺症について
それぞれ解説していきますが、

子どもと大人では大きく性質が異なりますので、
注意すべき後遺症も異なります。
記事をお読みいただくと、
それがご理解いただけるかと思います。

 

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肘の骨折の後遺症(子供)

さて、それでは注意すべき
後遺症のお話ですが、

まずは子どもからです。

子どもの肘の骨折の後遺症を語る上では、

子どもが成長中である
ということが大きな要素となっています。

肘の変形(内反肘 外反肘)

子どもの成長において、
肘は複雑な発達を遂げます。

肘には3つの骨があり、
さらに様々なパートにわかれますが、

それぞれのパートで、
決められたスケジュールで
成長が進んでいき、

ある程度まっすぐな肘ができあがります。

 

しかし、骨折において、
その決められたスケジュールが狂います。

特に骨折のズレが大きいときが顕著です。

通常の子どもの骨折であれば、
少しずつ元の形に戻る
自家矯正力が働きますが、

肘の複雑な成長過程では、
そうはいかず、

成長のアンバランスによって
むしろ、変形が強くなってしまう

ということが起こりえます。

そして、
肘におけるO脚(がに股)のような変形である内反肘
その逆の
X脚(内股)のような変形である外反肘

引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第1版 全日本病院出版会

外反肘 引用画像:達人が教える外傷骨折治療 第1版 全日本病院出版会

そういった変形が起こりえます。

痺れる、手の指が麻痺する (神経障害)

さきほどの内反肘、外反肘という変形にともなって、
その周りを走る神経の走行も変わります。

主に
内反肘では正中神経という神経
外反肘では尺骨神経という神経の走行
影響を受けて、

それぞれの神経障害が出現します。

それは主に神経支配領域のしびれ

正中神経であれば手のひら側のしびれ、
尺骨神経であれば小指側のしびれ、

さらに、指を動かす運動神経の障害もでれば、
指の動きにも影響が起きて、
最悪、麻痺や手指の拘縮が起こってしまいます。

子どもの肘の骨折では、
この骨折のズレ→変形→神経障害
という流れの後遺症を防ぐ
というのが大切なポイントなります。

肘の骨折の後遺症(大人)

子どもに対して、
大人の後遺症はまったく違います。

大人でも
成長とは関係なく、
変形して骨がくっついたり、
その結果、神経障害が出現する。

もしくは、骨折時の神経損傷、
手術時、手術後の神経障害もあり得ますが、

子どものように、
将来的に変形が進み、
神経障害がのちのち起こってくる
というようなケースは稀です。

しかし、大人の場合は、
別の注意点があります。

肘がカタくなる(肘関節拘縮)

まず大人の肘は
非常にカタくなりやすいです。

1ヶ月くらいシーネなどで固定していれば、
おどろくほど動かない肘に気付くかもしれません。

特に骨折などの外傷後は顕著です。

そういった意味では
手術でできるだけ早めに
可動域訓練を行える状態にして、

しっかりリハビリをする。

これが大切になります。

軟骨がすり減る(変形性関節症)

もう一つは、

関節面に及ぶ骨折の場合は、
ズレがある状態で骨がくっついたときに、

将来的にそこを起点に
どんどん軟骨がすり減ってしまう

という状態が起こりえます。

これを変形性関節症と言います。

すり減った軟骨は
現代の医療ではまだ再生できませんので、
唯一の根本的治療手段として、

人工関節に換えてしまう

という手術があります。

これを根本的と言っていいかはわかりませんが、

すり減りが強く痛みや可動域制限が強い肘関節の
最初で最後の手段であることが多いです。

 

 

 

ここまで、肘の骨折において、
子どもと大人で異なる注意すべき後遺症について解説いたしました。

子どもでは

  • 成長に伴う変形進行
  • 変形による神経障害

大人では

  • 肘がカタくなること
  • 変形性関節症

という後遺症に注意が必要というお話でした。

少しでも参考になりましたら幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-肘の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.