野球肩

野球肩のトレーニング:3種の必須筋トレをわかりやすく

投稿日:

今回は野球肩に必須のトレーニングについてです。

野球肩の予防ということもそうですが、
野球の投球(ピッチング、スローイング)において
肩をうまく使ってパフォーマンスを上げる上でも

必須となる3分野のトレーニングを解説します。

 

肩が重要なのは言うまでもないのですが、
その肩のトレーニングといって、、
肩だけを鍛えても、野球肩は防げず、
パフォーマンスも上がりません。

そのため必須の3分野は

  • 肩のインナーマッスル
  • 肩甲骨の可動性アップ
  • 股関節の可動性と安定性アップ

という3分野で構成されます。

 

野球肩という肩の障害のメカニズムを知ると、
今回の重要なトレーニングがこの3分野である

ということも腑に落ちるかと思いますので、関連記事もご参照ください。

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

野球肩に必須の筋トレ

このような視点で野球の投球動作を捉えると必要な筋トレもみえてきます。

それは股関節を中心とした体重移動からのエネルギーを
体幹、肩甲骨を介して腕に、ボールに伝えていく

という視点であり、

とすれば、

  • 肩のインナーマッスル
  • 肩甲骨の可動性アップ
  • 股関節の可動性と安定性アップ

この3分野が必須になると考えています。

肩のインナーマッスルトレーニング

投球動作中、
高速、かつ、幅広い動きを
要求される肩関節において、

その安定化作用を主に担うのが、
肩のインナーマッスル。

腱板筋群と呼ばれます。

詳細はこちらで解説しております。

肩のインナーマッスルの鍛え方を基本から丁寧に解説

肩のインナーマッスルの鍛え方というテーマでお届けする今回の記事ですが、 肩のインナーマッスルというとどういう筋肉を思い浮かべるでしょうか? おそらく、腱板(ローテータカフ)の筋肉たちを思い浮かべる人が ...

続きを見る

肩のインナーマッスルの必須チューブトレーニング3種類をマスター

インナーマッスル、別名、深層筋(しんそうきん)と呼ばれる筋肉は特に肩において非常に重要な役割を果たしています。それゆえ、そのインナーマッスルの先端の腱には腱板(けんばん)という名前がついています。 こ ...

続きを見る

このインナーマッスルトレーニングの
基本3つを紹介いたします。
動画をそれぞれご参照ください。

棘上筋を鍛えるトレーニング

棘下筋を鍛えるトレーニング

肩甲下筋を鍛えるトレーニング

肩甲骨の可動性アップトレーニング

さらに大切なものとして、
肩甲骨の可動性があります。

肩甲骨の動きが悪いと、

投球動作中での
肩から腕のしなりや、
ボールリリース後のブレーキ作用は

相当に肩関節単体で担うことになります。

これは肩関節にとっては悲鳴もんです。

「もう少し、肩甲骨に頑張ってもらわんと、
こっちは限界だよ・・・」

という状態になっちゃうわけですね。

 

肩甲骨というのも、
実は
内にも外にも、
上下にも、
かなり自由に動く関節です。

この動きを幅広く
ナチュラルに使えるようにすることが大切です。

具体的な肩甲骨の筋トレとして必須の5種目をご紹介いたします。肩甲骨の筋肉はアウターマッスルである僧帽筋も含めて、安定化と大きく動かせることの2点が重要で、ものすごく重いバーベルのような強い負荷は必要ありません。

大きくゆっくり安定的に動かすということを意識してやりましょう。そして、解剖学的に鍛えている自分の筋肉がどこにあるのかを把握した上で、トレーニングにおいてその筋肉が徐々に「熱く」なるのを感じましょう。

CAT

まずいろんな記事で紹介していますが、CATというトレーニングです。ネコみたいに背中を丸めたり、逆に反らしたりするというトレーニングですが、

これは肩甲骨の内転・外転をできるだけ大きく動かすということを目的にしています。

注意点は背骨、腰を反らして丸めてということではないということです。
肩甲骨を思いっきり引き寄せて(内転)、思いっきり外側、前方に拡げて(外転)という動きの結果として、背中が沿って、丸まってという繰り返し動作になります。

肩すくめトレーニング

これはシンプルに肩をすくめるトレーニングです。シュラッグという名前でウエイトリフターにはなじみの深いトレーニングですね。僧帽筋の上部線維を鍛えるトレーニングです。

僧帽筋はアウターマッスルですから、負荷をどんどん上げていけば、筋肥大、筋力向上はどんどん進みます。ボディービルダーの首から肩にかけての盛り上がりはスゴいですよね。

ただ、多くのスポーツや日常生活において、そのレベルの筋肥大は必要ありません。それどころか、肩の動きの妨げになりかねませんので、一般的には特に大きな負荷はかけず、大きくゆっくり動かすということだけ意識してやってもらうのがいいかと思います。

僧帽筋下部線維トレーニング

僧帽筋下部線維のトレーニングとしては、うつぶせに寝て、肩を挙上した状態で肩甲骨を内側に引き寄せるという動きです。肩甲骨を引き寄せることによって肘が上がるような動きをゆっくり大きくやるということです。

前鋸筋トレーニング

前鋸筋のトレーニングとしては、このように仰向けに寝て、ダンベルを持って肘伸ばして、真上に腕を持っていき、そのまま肩甲骨だけを動かして、ダンベルを真上に持ち上げるというトレーニングです。

菱形筋トレーニング

菱形筋のトレーニングはうつぶせになって、肩甲骨だけを内側に引き寄せるようにゆっくり、できるだけ大きく動かすということをやります。

股関節周囲のトレーニング

最後の3つめは
股関節周囲筋群の筋トレです。

股関節は
投球動作の大元

エネルギー源,かつ
土台です。

それは前半の体重移動の解説部分をご覧いただくとよくわかるかと思います。

特に土台としての作用が
肩にとっては大切で、

股関節がぐらつけば、
体幹がぐらつき、

肩甲骨の動きが制限され、
肩関節に負荷が強まります。

これはパフォーマンスの低下にも結びつきます。

 

股関節は下半身の「肩」
とも言っていい関節です。

それはそうですよね。
四足動物では後ろ脚と前脚の関係ですから。

それは進化の後も、
似たところがあって、

連動します。

 

そして、関節自体も似ています。

股関節も肩ほどでないにしろ、
多方向に幅広く動く関節です。

だからこそ、
あれだけの幅広いステップと
そこからの骨盤の回旋運動を行えるわけです。

 

逆に言うと、
やはり負荷がかかりやすく、

筋力の影響を受けやすいと言えます。

 

安定化のトレーニングとしては、
ものすごい重量のウエイトトレーニングをやるより、

多方向へ安定的に動かす
ということを目的にしたトレーニングがオススメです。

こちらの動画をご参照ください。

 

まとめ

今回は野球肩において必須といえる筋トレを
3分野に絞ってお伝えいたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-野球肩

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.