足首の骨折

足首の骨折をボルトで治すって?手術をわかりやすく解説

更新日:

本日は足首の骨折の手術について、
ボルト、針金、プレートなどで固定することになりますが、
実際、どんな手術をすることになるのか?
少しでもイメージできるように解説いたしました。

実際、ボルトってなんだ?
そんな大工道具みたいなもので治すのか?

なんて思う人もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、医療用のボルトを使うわけですが、
そもそもの構造は大差ありません。

さて、それでは足首の骨折の手術について
できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

足首の骨折の手術はなぜするのか?

足首の骨折と言っても、
手術する場合としない場合があります。

手術はなぜするのでしょうか?

それは一言で言えば、
骨折でずれてしまった骨をいい位置に戻して
その位置でしっかり固定するためです。

足首の骨折でずれてしまった場合には、
皮膚の上から、徒手的にぐいっとやっても、
なかなか戻らなく、もし戻ったとしても、
その位置でギプスなどで固定するのが難しいです。

それは足首の独特の形と、
また、骨折後に腫れやすいという特徴などが
関係しています。

そのため、足首の骨折でずれがあれば、
手術が必要になる可能性が高いと考えていいと思います。

その目的である、
いい位置に骨を戻して、
その状態で固定するために
適した金属を骨に入れることになります。

整形外科医がどのように使う金属を選んでいるのか?

では、カンタンにですが、
どのように我々整形外科医が
骨折を固定するのに使う金属を選んでいるか

そのポイントは次の2点です。

1.足首を早めに動かしてもずれない強固な固定

まず最優先は、
しっかり固定すること。

当然ですね。

特にできることなら、
骨がくっつく前から、
足首を動かしてもズレないくらい

そんな強固な固定を目指します。

それによって、リハビリを早くから行い、
骨がくっついたあとの
足首の動きを良くしようとします。

2.強固に固定できるなら最小限の金属と傷で

1番目の強固な固定ができるのであれば、
手術の傷も、使う金属の大きさや数も
小さい方がいいですよね。

実際、その方が、細菌の感染のリスクや
術後の痛みなどを小さくできます。

足首の骨折の手術で使われるのはボルトだけじゃない

足首の骨折の手術で使われる金属の中で
代表的なものをお伝えします。

ボルト・スクリュー・ネジ

まずよくイメージされるボルトですが、
僕らはスクリューと表現することが多いですね。

骨のどの部位に使うかによって、
ネジの溝の大きさなどが変わりますが、

よく大工さんが使うネジと
大きく変わらないものです。

various screws

ただ、当然のことながら、
体内に入れるものですから、
滅菌処理をされたもので、
多くはチタン合金です。

 

骨折した骨の、
一方の骨が小さい場合は、
1本のボルトを入れるくらいしかスペースがないので、
それだけで固定することもあります。

ただ、やはり、それだけで固定するよりは、
2本、3本と複数のボルトで固定したり、
次のプレートといったものを使うことで
より強固な固定になります。

金属プレート

Bone plates

傷は大きくなってしまいますが、
このような金属プレートを使うと、
ネジも多く入れられて、
固定力が上がります。

このプレートもチタン製のものが多いですね。

不安定性が大きな骨折は
傷が大きくなってでも、
このプレートを使うことがあります。

針金・ワイヤー

シンプルな針金のような、
金属のワイヤーを使うことも多いです。

ワイヤーには各種の太さがあり、
また硬いワイヤーと、
柔らかいワイヤーがあり、
それぞれ用途が少し異なります。

こちらのワイヤーは
ステンレス製のものが中心になっています。

最後に手術後のレントゲンの例をお見せします。

ボルトとプレートを組み合わせた固定

足首 骨折画像引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

硬いワイヤーと柔らかいワイヤーのみで固定

足首 骨折画像引用元:ビジュアル基本手技-カラー写真で見る!骨折・脱臼・捻挫-羊土社

 

このようにケースバイケースで、

最適と考えられる金属を選んでの固定を行っています。

少しでも参考になりましたら幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

肩関節鏡手術 1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れの基本的な知識をおさらいしつつ、 軽症の肉離れと重症の肉離れでは症状もだいぶ違う印象になりますので、 それぞれについてどういう症状が典型的なのか?ということを解説したいと思います。 さらに ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-足首の骨折

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.