肩鎖関節

肩鎖関節炎と脱臼のテーピング法をわかりやすく

投稿日:

肩鎖関節に炎症が起こってしまうという肩鎖関節炎、

もしくは、

肩鎖関節が外れてしまう肩鎖関節脱臼・・・

どちらも肩鎖関節に問題がある状態ですが、それは痛みを伴ったり、肩の動きに支障を来したりと症状は様々です。

 

そして、治療法も様々で、飲み薬だったり注射だったり、時に手術をしたりするわけですが、
今回はそんな中でテーピングというテープを使った肩鎖関節のサポート治療について解説したいと思います。

 

テーピングというのは身体の外に施す治療です。薬のような副作用もなければ、手術のようなリスクもありません。
その上、上手に使えば効果的な方法です。

 

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。記事をお読みいただきありがとうございます。
それではいきましょう!

肩鎖関節炎・脱臼の治療でテーピングを行う意味

まずは肩鎖関節炎や肩鎖関節脱臼の治療でテーピングを行う意味を深掘りしてみます。

そのためには肩鎖関節炎や肩鎖関節脱臼の治療について、基本から理解している必要があります。
こちらの記事もご参照ください。

肩鎖関節炎の治し方:ストレッチなどのリハビリから手術まで

肩の痛みの中で意外とあって、見逃されやすいのが肩鎖関節に原因がある痛みです。肩鎖関節とは肩甲骨と鎖骨の間の関節ですが、大雑把に捉えれば「肩」になってしまいます。 ですが、当然、一般的な肩関節の炎症と肩 ...

続きを見る

肩鎖関節脱臼を放置すべきか、手術すべきか・・・わかりやすく

肩鎖関節脱臼・・・ という聞き慣れない関節とは言え、 「脱臼!!?放置して大丈夫か?」 って感じですよね。 今回は肩鎖関節脱臼の治療をどうするべきか?放置していいのか?手術すべきか、手術せずに保存的な ...

続きを見る

 

基本をご理解いただいた上で、基本的な考え方は

肩鎖関節にかかる負担を減らすこと

これが自然治癒力を高めて、痛みを減らしたり、炎症を鎮静化させてくれると考えています。

 

その肩鎖関節にかかる負担を減らすという目的のためにテーピングはどう使えるか?

と言うと、

 

テープの伸び縮みする特徴をうまく使います。

テープは伸ばせば、縮もうと力が生まれます。ですから、テープを関節をまたいで貼ることで、一方向の動きを制限する、抑制することができたり、その逆方向の動きは筋肉をサポートすることができたりします。

この特徴を使って、肩鎖関節にかかる負担を減らす方向にサポートしましょうというのがテーピングの意味になります。

テーピングのデメリット・注意点

テーピングのデメリットとしてよく挙げられるのが、

  • 面倒くさい
  • 費用がかかる

という点です。これは確かにそうですね。それがイヤだから、何となく数日貼りっぱなしにしてしまうなんて人もいると思いますが、粘着力が減って、テープのサポート力が落ちたら意味がありません。
このデメリットを小さくするにはメリハリを持って使うということでしょうか。

試合とか負担がかかる作業とか、そういったタイミングであらたにテープを貼り直すというような感じで使うといいでしょう。

 

また、注意点として、皮膚のかぶれがあります。

長く貼っていたり、強く引っ張って貼ったりすると、皮膚に負担がかかってかぶれてしまいます。

皮膚かぶれというのは甘く見てはいけなくて、
時には皮膚が大きくただれて、潰瘍になってしまったり、
菌が入ってしまって化膿してしまったり

なんてことも起こりえますから、注意したい点です。

 

 

それでは、具体的な方法に移ります。

肩鎖関節炎・脱臼で使うテーピング

肩鎖関節の負荷として、考えなくてはいけないのが「水平内転」という動きです。

これは逆側の肩の後ろを触れようとするときの動きで、腕が胸の前を横切ります。

このときに肩鎖関節は圧迫力も加わりながら動くので、痛みの原因になりやすいと考えられています。

そこで水平内転を制限するようなテーピングがオススメです。
つまり、胸を張るような方向にサポートするテーピングですね。

肩鎖関節捻挫・脱臼に対するテーピング

肩鎖関節は結構な頻度で捻挫や脱臼を起こします。

この場合に鎖骨の先端は上(頭方向)にズレる力が加わることがほとんどです。

それは腕の重みが下にかかることと、
鎖骨には僧帽筋という首からの筋肉が上に引っ張ること

が要因です。

 

ということで言うと、テーピングで鎖骨を下に押しつけるようなテーピングも
肩鎖関節の安静に対しては効果的だと考えられます。

そのテーピングもさきほどの動画で赤いテープで貼られていますのでご参照ください。

肩鎖関節炎では筋トレに注意

このように肩鎖関節の負荷として注意したい水平内転ですが、これは特に筋力トレーニングが典型的です。

王道的トレーニングであるベンチプレスですね。

 

ベンチプレスも上げていく過程で水平内転の動きが加わります。

そこにさらにウエイトが加わるわけですから、その負荷は少なくないですよね。

水平内転を抑えるためには両手の幅を拡げるワイドグリップでのトレーニングがオススメです。

まとめ

今回は肩鎖関節炎、肩鎖関節脱臼におけるテーピングについて解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-肩鎖関節

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.