肩鎖関節

肩鎖関節炎の治し方:ストレッチなどのリハビリから手術まで

投稿日:

肩の痛みの中で意外とあって、見逃されやすいのが肩鎖関節に原因がある痛みです。肩鎖関節とは肩甲骨と鎖骨の間の関節ですが、大雑把に捉えれば「肩」になってしまいます。

ですが、当然、一般的な肩関節の炎症と肩鎖関節の炎症では治療法も変わってきます。肩関節はキレイなレントゲンでも肩鎖関節は軟骨がすり減っていたり、骨が溶けていたりなんてことも結構あります。

ということで、肩鎖関節炎(肩鎖関節症)の治療について保存治療としてのストレッチなどのリハビリ、さらには手術についても解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩鎖関節炎の治し方:コンセプト

肩鎖関節炎の治し方のコンセプトですが、手術をしない保存治療においては

  • 痛みの原因となる炎症を抑える
  • 炎症を起こしにくくする(負担を減らす)

ということになります。

炎症を抑えるということでいえば、一般的な消炎鎮痛剤の内服、湿布などの外用剤から始まり、結構効果が高いのが肩鎖関節の中にステロイドと局所麻酔薬を注入する関節内注射療法です。

Young doctor women give an injection

そして、さらに炎症の原因となる肩鎖関節炎への負担を減らすためにリハビリ、ストレッチなどが行われます。

肩鎖関節炎の治し方:ストレッチ

肩鎖関節という関節は鎖骨と肩甲骨からなる関節ですが、僧帽筋という首から鎖骨に走る筋肉がカタまっていると、常に鎖骨を上に引き上げようという力が加わってしまいます。

肩鎖関節脱臼や鎖骨骨折でズレが生じる原因はこの僧帽筋の作用です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

 

脱臼や骨折がなくても僧帽筋がカタいと常に負荷がかかっていると考えた方がいいので、僧帽筋の緊張を下げるストレッチをやってみていただくといいかと思います。

肩鎖関節炎の治し方:リハビリ

さきほどのストレッチもリハビリテーションの一環として行うものですが、さらに理学療法士や作業療法士がついて、病院などで行う場合にはより専門的に徒手的に肩甲骨の動きの誘導をしたり、リラクセーション目的にマッサージを加えたりしながら行っていきます。

また、肩鎖関節に負担がかかる姿勢として、猫背気味の人がいます。

肩鎖関節は肩の水平内転で圧力が高まり痛みが出ますが、

猫背の人はベースで肩甲骨が前に出ているので、常に多少なりとも圧が高まっていると考えています。

 

そこで肩甲骨を背骨側に寄せる筋肉のトレーニングを行うということもオススメです。

これは特にインナーマッスルを意識して行うと良くて、
この場合のインナーマッスルは菱形筋(りょうけいきん)という筋肉です。

菱形筋のトレーニング

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

菱形筋はは肩甲骨を背骨側、つまり内側に引き寄せて、猫背改善の1つのカギになる筋肉です。

この菱形筋のトレーニングはうつぶせ(腹臥位)になって、「肩甲骨だけ」を背骨側に引き寄せるように動かします。それもゆっくり、できるだけ大きく動かすということ意識してください。

肩鎖関節炎・肩鎖関節症で行う手術 鎖骨遠位端切除術

肩鎖関節炎に対して、ここまで解説したような保存的な治療を行ったところで改善しない場合や改善するも繰り返してしまう場合には手術が検討されます。

実際は肩鎖関節炎と言っても、

  • 軟骨がすり減っている変形性肩鎖関節症
  • 鎖骨の先端が溶けてくる鎖骨遠位端融解症
  • レントゲン上は特に異常がない肩鎖関節炎

という主に3つの状態があります。

軟骨がすり減り、一部骨が肥大、一部びらん(溶ける)状態 画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

ただ、どの状態においても行われる手術は鎖骨遠位端切除術という、鎖骨の先端を削り取ってしまう手術です。

鎖骨や関節円板を取ってしまって大丈夫?

通常、関節の炎症や軟骨のすり減りが強いときに行われるのは人工関節手術なのですが、肩鎖関節には人工関節はありません。

それは技術的な問題もありますが、メリットがほとんどないからです。

逆に膝なんかは人工関節がなかったらどうしようもありません。
膝の一部の脛骨を削り取ったら歩けなくなっちゃいますからね。

でも、鎖骨の先端を削ってしまって、肩鎖関節という軟骨と軟骨が向かい合って、間にクッションである関節円板がある構造がなくなってしまっても、肩は全然動かせるし力も入るんです。

軟骨と関節円板はなくなっても、靭帯は一部残り、特に大切な烏口鎖骨靱帯(うこうさこつじんたい)という靭帯をほぼ完全に残せるので鎖骨が不安定にグラグラしてしまうこともなく、さらに僧帽筋や三角筋などの筋肉も残るので力も入ります。

最近は関節鏡で削ることも多いので、余計にデメリットは少ないと言えるでしょう。

arthroscope surgery

リスクや副作用(合併症)は?

リスクが少ないと言っても「ゼロ」ではありません。

もともとの生まれながらの構造を変えてしまうことには違いないので、ケースバイケースで起こりうる合併症があります。

例えば、肩鎖靭帯という肩鎖関節をつなぐ靭帯も切る(関節鏡では一部残します)ので肩鎖関節が前後方向に不安定になる可能性とか、切ったあとの部分で強い痛みは引いても、軽い痛みや違和感が残ってしまう可能性などがあり得ます。

さらにはどんな手術にも共通するようなリスクは当然、同様に抱えての手術になりますので、やはり、保存治療をまずやって改善しないかを試すことは大切と言えるでしょう。

まとめ

今回は肩鎖関節炎・肩鎖関節症の治療について保存治療から手術まで一通り解説いたしました。まず診断をつけることが最初ですから、肩鎖関節を触ってみたり、水平内転してみたりして、痛みが出るかどうか試してみてください。

治療については肩を専門とする先生の意見を聞きながら(その中でも意見が割れることは少なくありませんが)、納得いく治療を受けていただければと思います。

Mail Magazine

より深い医学情報に加え、タフなフィジカルマインド
そして圧倒的なパフォーマンス・成長必要なすべてをお届けします。

こちらにメールアドレスを入力してご登録ください。

  • ※登録後、メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。
  • ※登録されたメールアドレスには、歌島大輔公式メールマガジンが配信されます。
    不要と判断された場合、メール下部の配信解除URLから簡単に配信を解除できます。

診察のご相談(神奈川/東京/静岡)

肩の診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • 肩を動かすと痛い
  • 腕が痛い
  • 肩が痛くて眠れない
  • 肩が上がらない
  • 肩が回らない
  • 腱板損傷と言われた
  • 肩が脱臼した
  • 鎖骨が骨折した

スポーツ復帰への
診察・相談

今すぐCHECK

こんな方におすすめ

  • スポーツ復帰の不安
  • パフォーマンス低下の不安
  • スポーツに支障がある
  • 肩以外の部位の相談希望

オススメ!

メールマガジン(メルマガ)はこちら

今すぐCHECK

得られる情報

  • 医師と病院の使い方(無料)
  • 革命的スポーツ復帰術動画講座(無料)
  • マインドの使い方有料教材
  • タフなフィジカルの作り方有料教材
  • パーソナルメディカルコーチングの案内
  • 日々の医学情報
  • 有名スポーツ選手の心と身体の秘密
  • この記事を書いた人

歌島 大輔

肩/スポーツ領域を得意とする整形外科専門医としての診療/手術・スポーツパフォーマンスアップ、ケガ予防トレーニング等のアドバイス・マインド(脳と心・メンタル)の使い方を指導するコーチングを行っています。

オススメ記事

1

肩という関節の治療を専門としている整形外科医は日本にどのくらいいると思いますか? 実は、整形外科医というのは日本全国に内科、外科に次いで多いんです。 意外かもしれませんね。 内科や外科なんていうのは、 ...

2

スポーツの怪我を予防するときに、まず考えるのは、トレーニングをして、ストレッチをして・・・身体を強く、しなやかにしていこうとします。 これは当然必要なことなんですが、 それだけではスポーツにおける怪我 ...

3

今回は肉離れをどう予防するか?ということの基本的な考え方から、具体的な予防方法までを解説いたします。 肉離れはスポーツパフォーマンスが上がれば上がるほど、リスクも高まると言っていい、厄介なケガです。 ...

4

今回は肩の腱板損傷の特に保存療法におけるリハビリテーションについて解説します。肩を専門とした外来をしていると、当然なんですが、肩腱板損傷の患者さんを多く診察します。 腱板損傷には程度があって、ちょっと ...

-肩鎖関節

Copyright© 歌島大輔 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved.